亜鉛不足が原因でした

ストレートにのばした髪を、ハードムースとハードスプレーで仕上げます

ストレートにのばした髪を、ハードムースとハードスプレーで仕上げます

小さい頃は、ツルツルのストレートの髪質でした。
思春期の時期になると、急に別人のように髪質が変わりました。
剛毛でうねりが出て髪質もバサバサ、髪の量も多くなり横にいくらでも広がります。
ドライヤーでストレートにしても、数分もすればうねり始め、ボリュームも信じられないくらいアップします。いくらセットしても、すぐに戻ってしまうので、清潔感や爽やかな印象もなく、不潔感さえ覚えるほどです。
縮毛矯正のストレートパーマも経験あります。

 

確かに、見違えるほどストレートになり、満足のいくものです。
しかし、回数を重ねると髪の痛みも出はじめ、縮毛矯正後もバサバサしたストレートとなり、違和感ありです。
それでも回数を重ねると、縮毛矯正パーマも効果が薄れ、年に何回もかけなければ、維持できない状態になりました。
経費もかかり、髪へのダメージも考え、縮毛矯正パーマをやめました。
自分の髪質を見ると、短く切るとうねりやすいので、短くするのをやめました。
長くすることで重みが出るからなのか、少しはうねりが軽減されます。
ドライヤーやアイロンでストレートにのばしたら、すぐにハードムースをつけます。
ハードムースをつけることで、ストレートになった髪型を維持できます。
仕上げに、ハードスプレーを髪全体に噴き付けます。

 

ハードムースの量をあまりにも多くすると、不潔感と不自然さが出ます。
少なすぎても、髪型を維持できなく戻ってしまうので、量の加減が難しいです。
ハードムースは、セットした髪型を固める役目もありますが、広がりを抑え固めてくれる役目もしてくれるので、助けられています。


ホーム RSS購読 サイトマップ